Recently
Archive
Category
Link
Profile


ワイヤーガラスの窓

鉄枠の渋い窓です。

磨角形ワイヤーガラスという、工場などで防火・防音目的で使われる製品をモチーフとしているのですが、実際のガラスの縮尺を忠実にすると、1/12にした時のワイヤー同士のスキマは僅か1.3mm間隔になります。

最初はそれを忠実に製作したのですが、どうにも細かすぎて良くない。

そして、この写真のような形までワイヤーを間引いてみました。
当初はこれの2倍以上、ワイヤーの密度が詰まっていた事を考えれば、だいぶスッキリ。

20130730


2013.07.30(Tue) - 造型の話





/